Loading...Loading...

女に差はないと この句は今日の西日本川柳大会で、2句入選した中の一句です。いつものことながら、全ボツを免れれば、良しとする程度の成績であるが、この一句は、選者に狙いを定めて、撃った、渾身の一発であったので、ことのほか嬉しかった。それにしても世の中不公平なもので、並んでいる盾を、一人で二つも、かっさらっていく、つわものがいるかと思えば、全ボツで帰る人もいる。上位入選句はそういうことは無いかも知れないが、平抜き入選の句と、ボツ句との間にそんなに差はないと思うのに、片や入選、此方落選と言う現実はいかんともしがたい。げに怪しきは選者なりと愚痴っても見たくなる。

予定通り、19:30分我が家に到着、電話で連絡した通り家内が、夕ご飯の、支度が出来て、そうめんと、ほうれん草の支度が整っていた。何か少ない感じがしたので念のため、グリルの中を開けてみると、家内はイワシを焼こうと思っていらたしが、イワシは冷たいまま、横たわっていた。私は何も言わずに、イワシを冷蔵庫に移して、知らぬ顔をして、ソーメンと、ほうれん草のお浸しで食べ家内にはごちそうさまでした言って、食事を終えた。そんな家内を責める気にはならない。そうであれば、私が川柳などにうつつを抜かさずに、しっかりとホローしてやれば場いい話である。とは言いながら、明日は、広島でハーモニカフェステバル中国大会に出場する予定になっている。お母さんゴメンネ。

今日は朝4:30起きなので、予定のプールもウオーキングも休み。万歩計は行き帰りの歩きだけで、5.935歩。バタンキュー。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K