Loading...Loading...

CIMG0082 CIMG0081

橋の欄干に陶板に焼き付けた魚で、まだたくさん取り付けてある。これらはみなかってはこの川の河口に沢山住んでいたが、干潟の環境も大きく変わり、まこがれい(左)はほとんど見なくなった。かろうじて、まはぜ(右)は秋口になると、晩のおかずくらいは釣れるようです。

今日は福山の渦句会に出席。入選句

プラカード掲げ五月の風薫る   薫風が迎えてくれる無人駅

万歩計つれて時には変える道   にんげんが荒らして通るけもの道

にんげんの野望地球が泣いている ほか

今日はまたプールの日。1000m泳いで、500m歩いて帰る。プールの日にはこれだけをこなして、週2回、(木)(日)できるだけ続けている。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K