Loading...Loading...

久しぶりの海がキラキラ輝いている。着替えて準備運動して、とバッグを開いたら、海水パンツがない。バスタオルもゴム草履も入っているのに…。「どうする? 海の家で売っているのかな~?」「フルチンで泳ぐのか?」と、焦っていたら目が覚めた。

上半身に朝日が差して暑い。店の屋根に梅を干しに上がってきた家内に「ガンガン照りや、暑~い!」と言うと「去年買ったスダレがあるでしょ」と言う。そうだ、思い出した。さっそく取り出して窓外にぶら下げたら、まさに唱歌「♪夏は~来ぬ~」だった。

IMG_4250

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 ♬ 夏~は来ぬ~”にコメントをどうぞ

  1. 加代 on 2014年7月24日 at 5:44 PM :

    松江川柳大会ではお世話になりました。地図をたよりに時々ルートを外れたりしながらでしたが目的地にはちゃんと着きました。(前日からの出発なので大会会場へは十分間に合いました。
    選者の方で会いたい人も来られたしお話ができて満足しております。ほんとに楽しい旅になりました。ありがとうございました。

    • 新家 完司 on 2014年7月24日 at 7:53 PM :

      こんばんは~。
      松江大会、ようこそおいで下さいました。そして、無事に帰宅されたようで、ほっと一安心です。
      二次会のカラオケのあと、また飲みに行ったそうですね。芳山さんのブログで拝見しました。すご~い! 次回、どこかでお会いしたときは、徹底的に飲みましょう!
      ともあれ、愉快なひとときをありがとうございました。そして、ご無事に帰宅されて何よりでした。ありがとうございました! また、いずれどこかで!

  2. 茶助 on 2014年7月25日 at 10:20 AM :

    最近、笠嶋恵美子さんの卯の花の句会で、唱歌「♪夏は~来ぬ~」を歌い恥をかいてきました。初めての参加という事で、その日、選者をまかされ、1・2分の前口上に薀蓄を一くさりと考えたのが間違いでした。
    唱歌・卯の花のにおう垣根に~まで歌いだしたとき、数ヶ月、喉の不調(言い訳?)の所為もあり、声が出ず失笑を買う破目になってしまったのです。
    なぜ歌い始めたかというと、卯の花のにおう~の「におう」は「匂う」でなく「似合う」であると、知ったかぶりをしたかっただけの事でした・・・。
    その瞬間だけ消しゴムで消せないものか?いい格好しようと思ったのが、恥の素でした。

    • 新家 完司 on 2014年7月25日 at 1:29 PM :

      まいど!
      お話しの中に歌を挟むの、なかなか難しいですが、うまく嵌れば受けます。私も何度かやっていますが、バッチリ嵌って受けた経験は稀。たいがい失敗して白け鳥が鳴いています。
      ところで、「卯の花のにおう垣根に」←「匂う」でしょう。「似合う」ではないと思います。念のためにネットの「歌詞検索」であちこち調べましたが、みんな「匂う」となっていて「似合う」はありませんでしたよ。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K