Loading...Loading...

 

 

オリンピックで思い出すのはアベベ・ビキラのこと。1960年のローマ・オリンピック「マラソン」を裸足で走って優勝。世界中に衝撃を与えたのはご承知の通り。1964年の東京オリンピックでも連続優勝(史上初)しているが、私が走っているアベベを見たのは、1961年に開かれた「びわこ毎日マラソン」でのこと。実に60年も前のことで、誰と一緒にどの辺りで見たのかは覚えていないが、目の前を疾走するアベベは、まさにオーラに包まれているように感じた。もちろんこの大会でも優勝している。下はウィキペディアの記事からのコピーです。

【 アベベ・ビキラ(Abebe Bikila, 1932年8月7日1973年10月25日)は、エチオピア出身の陸上競技長距離走)選手で、オリンピックのマラソン種目で史上初の2大会連続優勝を果たし、2個の金メダルを獲得した。サハラ以南のアフリカ出身者としては初のオリンピック金メダル獲得者でもある 

だが栄光の日々は長く続かず、1969年の交通事故で下半身不随となり、4年後の1973年に脳出血で死亡。41歳だった。写真もネットから転載。シューズを履いているので東京大会でのゴールか?

本日も暑かったがデスクワークでは扇風機で凌げた。写真2は今日の昼前散歩にて。妖しげな雲がフワフワ漂っていた。〔仕事と歩数〕塔誌向け「愛染帖」「飛行船」「各地柳壇」など見直して発送。大山滝句座会報作成。4,821歩。

 

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今日までに届いた句会や大会の中止(延期)情報です。総て把握していませんので、出席予定の会は主催者にお問い合わせ下さい。(7月15日までのは消去しました)

811日(水)川柳塔本社句会  誌上句会に変更。

73回 西日本川柳大会(岡山県・久米南町) 誌上大会に変更。

97日(火)川柳塔社本社句会  誌上句会に変更。

102日(土)「秋の川柳塔まつり」  誌上大会に変更。

1017日(日)いずも川柳会創立95周年大会(島根) 誌上大会に変更。

1023日(土)第44回鳥取県川柳大会(鳥取) 誌上大会に変更。  



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 アベベ・ビキラを見た!”にコメントをどうぞ

  1. あつこ on 2021年7月23日 at 7:30 PM :

    1960年の修学旅行の日程にオリンピック見学が組まれていて 男子体操、砲丸投げの観戦。テレビでは東洋の魔女 アベベ 円谷に熱くなりました。日本中が沸いていた記憶があります。齢がばれますねー。

    • 新家 完司 on 2021年7月23日 at 7:57 PM :

      こんばんは~。1960年はローマオリンピックですね。修学旅行の日程に組まれていたオリンピック、といえば1964年の東京オリンピックでしょう。はい、逆算すれば歳はバレバレですが、気にせず長生きして、この異例尽くしの【2020東京オリンピック】を語り継ぎましょう!

  2. あつこ on 2021年7月23日 at 8:06 PM :

    勘違い、前回東京は1964年(笑)

  3. 松浦英夫 on 2021年7月24日 at 9:16 AM :

    お久しぶりです。
    朝からうるさく蝉が鳴いて暑さに輪をかけている大阪です。
    1961年にアベベが走った、琵琶湖毎日マラソンですが、この年のマラソンは琵琶湖周辺ではなく、大阪で行われました。
    スタートとゴールは毎日新聞本社前で、そこから南に走って、高石市辺りで折り返したと思います。
    当時、大阪市内に住んでいて、少しは見えていたので、私もアベベを見た記憶があります。
    完司さんより一足速く、79歳になりました。
    アベベを見てから60年、本当に往時茫々ですね。

    • 完司 on 2021年7月24日 at 9:59 AM :

      お久しぶり~~!
      やっぱり大阪でしたか。頼りない記憶を辿って、「どうも琵琶湖まで行った覚えがないがなあ~」と思っていました。
      無事、79歳になられましたか、おめでとうございます! 私はあと4か月です。お互いに川柳を杖にして長生きしましょう。川柳塔社のリアル句会は11月からです。コロナが収まって再会出来ることを楽しみにしています。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K