Loading...Loading...

 

本日、第3日曜にてホームの「大山滝句座」例会日。披講前に【平成30年度・年度賞】の発表&表彰。今回の応募句(昨年度の句座での入選句から自選2句)は70句(35名)。   選は金築雨学さん・木本朱夏さん・髙瀬霜石さんのお三方にお願いした。それぞれの選者が選んだベストテンに点数配分(1位5点・2位4点・3位3点・4位と5位は2点。6~10位は1点)。その合計点によって年度賞と佳作は以下のように決定。賞品は例年と同じもので「もち吉」のおかきセット。

 

  【大山滝句座・平成30年度・年度賞】

 【年度賞】  蒟蒻に化けて誰とも喧嘩せず     但見石花菜  合計点数10点

 【年度賞】  どの指も棘の痛さを知っている    上田宣子   合計点数10点

 【佳 作】  ハトに皆化けよ世界の戦闘機     竹信照彦   合計5~3

 【佳 作】  ゴビ砂漠あたりでコロリ死ぬつもり  藤井寿代     〃

 【佳 作】  投票に行かない人が文句言う     安岡久子     〃

 【佳 作】  行列の真ん中辺にいる安堵      小谷美ッ千    〃

 【佳 作】  散らばった私を火挟みで拾う     石橋芳山     〃

 【佳 作】  雑巾は男女平等のシンボル      丸橋野蒜     〃

 

   【大山滝句座 1月例会】出席28名。投句1名。

   金を出すたびに「イタイ!」と言うカード

   後ろからどつかれそうな暗い夜

   お迎えが来たら待たせて名残り酒

   休日は誰に遠慮もないアクビ

   髭剃ってみたって後期高齢者(他)

写真上: 会場入り口の旗印。力強い揮毫は但見石花菜さん。               本日、句会の段取りで昼前散歩はできず。夕刻に歩いたが雨が降ってきたのでUターンして5176歩。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 大山滝句座 ~ 年度賞発表&表彰”にコメントをどうぞ

  1. サスケ on 2019年1月21日 at 9:46 AM :

    「考えるベンチの独り言」
    遥か彼方に見える水平線。距離はというと思いのほか近い。
    身長160㎝の人が海岸から水平線を見た場合、
    (水平線までは)4・3㌔くらい先の位置にあるといいます。
    しかし、1メートル近づくと水平線は、1メートル逃げていく。
    まるで川柳のようです。 マ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)ジ!? ムズイ

    • 新家 完司 新家 完司 on 2019年1月21日 at 12:45 PM :

      まいど!誰も思いつかない哲学的考察、勉強になります。ボケ防止になります。今日も今日とて、郵便局のATMにて問屋への支払い2件。ピッポッパッと素早く、滞りなく完了! おかげさまで、あと1~2年ほどは、なんとか大丈夫ではないかと思います。…(-_-;)。

    • 昌紀 on 2019年1月21日 at 2:17 PM :

      地球は丸いということを思い知らされる瞬間ですね。

      • 新家 完司 新家 完司 on 2019年1月21日 at 4:34 PM :

        昌紀さん、
        先日、「川柳雑誌240号、大阪市立図書館にある」との情報を頂きまして、まことにありがとうございました。文切さんが出張したついでに写真撮影させていただいたようです。感謝感謝です!!

    • 昌紀 on 2019年1月21日 at 10:30 PM :

       全く余計なことですが、地球の半径を6,371kmとしてピタゴラスの定理に代入すると、水平線までの距離は常に4.52km位になるようです。
       地球が完全な球であればこの距離は不変ということになります。ひょんな事で高校数学(中学数学かも?)を想い出させていただきました。
       「1メートル近づくと水平線は、1メートル逃げていく」という川柳的ロマンを無茶苦茶にしてしまって、申し訳ございません、サスケ様。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K