Loading...Loading...

新年 あけましておめでとうございます!

 
皆様にとって 

新しい年が 恙なき一年となりますことを 

祈念いたします。

 
松橋帆波

 

時給なんぼ×日数
で禄を食んでいる身にすると
「年末年始」という空白の期間は、何とも頼りのない、空しいものである。

運よくスポットの仕事に当たれればよいが、

 
思うこと叶わねばこそ浮世かな

 
なのである。

 

ともあれ、医療費の領収書を合算し、控除対象とならなかった昨年が、家族皆健康であった証だと、寿いでいるのであります。(帆)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

去年今年持たぬ椋鳥鴉など”にコメントをどうぞ

  1. 鈴木 順子 on 2019年1月29日 at 6:39 PM :

    帆波 様
    はじめまして  鈴木順子 です
    昨日、病む床で、川マガ1月号を読み直していたら、
    松橋帆波  句集を愛でる楽しみ、この一句に出合う喜び 句集燦々 
    のページに、私の句集「目覚まし時計」が載っていました。
    過分な褒め言葉に、インフルエンザAで沈んでいた心が元気になりました。
    嬉しかったです。有り難うございました。
    水川さんにも読んでもらいます。

  2. 松橋 帆波 on 2019年2月4日 at 11:27 PM :

    こちらこそ初めまして。
    松橋帆波です。
    軽妙洒脱に溢れた、楽しい作品の数々。
    ページをスクロールしつつ、美味しい時間をいただけた「目覚まし時計」でした。
    寺部水川様の序文からは、地域の川柳の興り、連綿とつながる、人の輪を
    大切にしなければとの思いを抱かせていただきました。

    これからも、ご健吟を!

  3. 刀祢館信雄 on 2019年2月22日 at 3:20 PM :

       松橋帆波先生

     川柳マガジン2月号の「句集燦々」に過分のご紹介を頂き心より御礼申し上げます。

              2019、2、22  松城 信作

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K