Loading...Loading...

昭和26年のことである。ド田舎の中学でも野球が始まった。サインはバントと盗塁だけしか無いという中で、大ピンチになった。四番で投手のキャプテンが突然野手全員に集まれという。「何事なりや」とセンターから駆けつけると、円陣を組んで「明日天気ならいいね」という。天晴れと言おうか、その時の情景は今でもはっきり思い出せる。ちなみに相手は後に南海ホークスで鳴らした戸川投手擁する鳴戸中学。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K