Loading...Loading...

赤穂行きの何日か前のTV番組で三木露風を取り上げていた。播州赤穂から龍野(竜野)はすぐ近く。赤穂義士より「あかとんぼ」にするかと密かに決めていた。東横インで朝食を摂って隣接の駅舎に着くと、列車は行ったばかりで40分待ち、やれやれと思ったが、なんと出勤してきた三千夫さん(昨日の句会メンバー)にばったり。乗っていたらば会えなかったとニヤリ。信州のたつのは辰野、こちらは龍野または竜野。駅前の観光大看板には見所が40近く書いてある。すると、そこに宿禰神社を発見。「露風の生家などとはそう遠くない」と思い込んでしまった。「ワンメーターそこそこの距離だろう」と勝手に思い込んで駅前タクシーに乗り込む。タクシーのメーターが上がる音は心臓に悪いもの。駅前の地図には縮尺の表示が無かったことに気付いたが後の祭り。

露風生家を右手に見て、タクシーはくねくねと山道を登る。2300円余り掛かった。往復乗ったらジパングの割引がパーになる。神社に向かう道はよく整備されていたがかなり急で長かった。登り口にはかつて「土俵」があって、毎年奉納相撲があったそうだ。土俵のあとはテニスコートになっている。やや行くと横綱栃錦自筆の「力水」と書いた石碑があった。明治大正昭和と多くの相撲取りが訪れたと記録が残っていた。最近はほとんど訪れないという話に「相撲協会はなにをやっとるんだ」などと腹がたった。(後で知ったことだが、最近は墨田区の宿禰神社で済ましているらしい)

天辺で散歩中の方と話になった。龍野は寅さんのロケ地にもなった場所で、そのときの相方は太地喜和子だったとのこと、ああ観た観た。その方に最寄りのバスターミナルまで乗せて頂いた。一時間に一本もないバスが8分待ちでやって来た。その後は信じがたいほどの連絡の良さで、淀屋橋の句会場に着いたのが開始5分前。跳ねたあとは「ビアホール・ミュンヘン」いきなり参加してお騒がせ申し訳なし。

  国中が明石に合わせ飯を食う



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

露風から宿禰へ心変わり旅”にコメントをどうぞ

  1. 山本 由宇呆 on 2016年2月24日 at 5:07 PM :

    いろいろと面白い話を有難う。
    国中が明石に合わせ・・・・には 思わずひざポン!!
    ところでしばらく前まで 韓国も 明石に合わせていたのを ご存知か??
    くだらない国粋主義者が入知恵して
    30分遅らせたんだと。
    まぁ いいか。

    では、また。  由宇呆   拝

    • 植竹 団扇 on 2016年2月25日 at 4:52 PM :

       へえー、全くの初耳です。深夜便で各地の日の出の時間を報道するのを面白いなと思っています。天文学と地学が一番苦手な団扇です。日の出の時差を気にするくせに、飯の時間を無理矢理合わせるのは・・・・・・。まあ仕方がないか?団扇にはどうでも良いけれど、北朝鮮の標準時はどうなっているんですか?社会科学的には興味が沸きます。

      • 山本 由宇呆 on 2016年2月27日 at 12:10 AM :

        団扇さん、ちょっとうろ覚えを書いてしまいました。
        確認したら、 韓国は いろいろ意見が出たまではいいが、
        まだ 明石に合わせて食事をしているらしいです。
        北は何年か前に 30分遅らせたようです。

        韓国は在日米軍との 作戦上の問題で、という緊迫状態が原因でと
        書いてありました。
        かつて 日本統治時代、東京駅で「ハルピン一枚」と切符が買えた時代から
        朝鮮半島、満州まで 汽車の時刻表を統一するため
        明石に合わせていたらしいです。

        いろいろありますね。
        では、また。 由宇呆   拝

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K