Loading...Loading...

☝ 台風被害の停電断水が続く最中に無罪判決。

☝ 館山市は、被害の全容を、まだ把握できないままでいる。

想定の外だと言えば皆無罪

       九十四才が屋根に上る訳

福島県民らの告訴・告発を東京地検は不起訴としたが、検察審査会は2度にわたり「起訴すべきだ」と議決した。16年2月に強制起訴、17年6月以来公判は37回開かれ、計21人の証人尋問や被告人質問があった。裁かれるべきは、3人の「予見能力・人格や人間性」ではなく、入院患者ら44人を死亡させた「刑事責任」である。

屋根にブルーシートを張ろうとした94歳の老人が、転落して死亡した。上った理由は,止むに止まれぬ被害の状況、代わる者がいなかった状況、屋根に上れる気力と体力があったこと。だと考えられる。熱中症で亡くなった方も報告されている。東電職員の過労死や事故死も心配される。想定外の停電は、想定外の復旧時間が掛かっている。被災者が他地域へ避難する決断をも鈍らせた責任は重い。

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K