Loading...Loading...

今年の仲秋(21日)は、満月と重なる年と聞きましたので、お団子もしっかりと準備して待っていたのですが、仙台は、あいにくの薄曇りで斜の掛かった名月でした。

名月よ迦具夜は今も息災か  文庫

 ところで、最近の果物は、とても甘くて美味しいと思いませんか。生産者の努力の賜でしょうが、桃もブドウも以前の物より何倍も少々、お値段が張ってもついつい手が出てしまいます。

何と言っても食欲の秋ですから、外食もままならないとすれば、せめてデザートくらいはと背伸びしています。

小雨降る径の明かりや蕎麦の花(文庫)

 

第135回 川柳マガジンクラブ仙台句会

 

開 催 日   令和3年9月18日(土)

開催場所   仙台市荒町市民センター

参 加 者

橋爪志津代さん、竹井十塩さん、

木立時雨さん、佐藤安子さん、

佐藤岩嬉さん、島文庫 の6名

 

第1部 「 句 評 会 」

 

定例の句評会からの報告です。

 

〇 デルタ株丸いコロナを尖らせる  時雨

■句評/コロナ句の多い中、穿ちの効いた上手い句ですね。ギリシャ文字のΔと○の対比も上手い。秀逸の声高し!「デルタ株は従来の種より感染力が強いとか。今までのような予防対策では収まらない尖った状態ですよ。菅さん!そんな意図を込めました。時雨」

 

 

〇 最後まで馴染まなかったトップの座  安子

■句評/いよいよ辞める段になって、菅さんを褒めるコメントもちらほら。日本人は、判官贔屓(ひいき)ですからね。電話料金の値下げなど、誰が総理でも出来たんじゃないかな?「菅さんは、2番手で光る存在だったんですね。安子」

 

〇 大欠伸も今日の予定に加えてる  志津代

■句評/これも上手い!明快で、しっかり穿ちが効いていますよね。(大欠伸も)がいいよね。「宣言下の不自由さを表現したらこんな感じかと。志津代」

 

 

〇 金払う俺に咬ませろ金メダル  十塩

■句評/下五と上五を入れ替えて(金メダル俺に咬ませろ金払う)の方がいいと思う。それにしても品のない市長だよね。アレで弁護士ですよ。「確かに順番はそうですね。咬んだこともさりながら、その後の対応がもっと恥ずかしい。十塩」

 

〇 子はかすがい孫は瞬間接着剤  岩嬉

■句評/爺ちゃんや婆ちゃんにとって、子と孫は、別ものとよく聞きますからね。孫の瞬間接着剤は、言い得て妙ですね。「子は鎹(かすがい)と言いましたが、それは昔々のことで、子供が居ようと居まいと夫婦は簡単に別れてしまいます。でも、爺と婆がケンカしていても孫が来れば、もう何処吹く風なんです。岩嬉」

 

〇 「1Q84」五頁までの夏  文庫

■句評/はて?「1Q84」は、村上春樹の小説ですよ。ああ、そう??で、何?5頁でやめたと言うことでしょうね。「8、9音の二句一章の句を試みに作りました。この小説は、暑い夏に読むものではありませんね。5頁でダウンしました。文庫」

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

今月の学び

句は、575の17音が基本、この形がリズムを作る。

破調の句には、破調の必然性がいる。

  

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

第2部 「 句  会 」

 

今月の宿題と選者、結果は次の通りです。

 

◎宿題『雑草』  橋爪志津代 選

   私は名のある雑草になりたい  十塩

   足踏みが幸せを呼ぶクローバー  時雨

   雑草という名の草はどこにある  十塩

   雑草もいつか大樹にアヒルの子  時雨

   雑草の庭は天国虫の宴  安子

   木も草も魚も「雑」で括られる  岩嬉

□秀句

   居酒屋の戸口ペンペン草の丈  文庫

   雑草に埋もれ朽ちて行く被爆地  安子

   ジムなんぞ行かなくたって夏の草  岩嬉

□特選

   蒲公英の凜と子離れ親離れ  文庫 

軸吟  ひどい名を付けたものねといぬふぐり

 

◎宿題『自由吟』 木立時雨 選

   秋の声に逢いたいメール乱れ打ち  志津代

   あみだくじにしませんか総裁選  安子

   とじこもり達のオアシス市の図書館  十塩

   断捨離をしたこと忘れ捜し物  志津代

   人の上に人を造った諭吉さま  岩嬉

   皇室のジャンヌ・ダルクか真子様は  安子

□秀句

   冷凍庫の隅に真夏の忘れもの  文庫

   一句吐く標本箱の虫を吐く  文庫

   一生に一度の出逢い求め鳴く  十塩

□特選

   大凶を引いたその後のふたのずれ  岩嬉

軸吟 十年が経ってイチエフ夜のまま

 

 

9月の句会風景

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

 令和3年10月の句会開催予定

開催日時   令和3年10月16日(土) 午後1時から

開催場所   仙台市荒町市民センター 第1会議室

宿  題   「もともと」 「自由吟」 の各2句

参加費用   会員 1,000円  会員以外 1,200円

なお、ご参加の方は、会日の1週間前まで、句評会用の雑詠1句をウエブ申込みの際、ご提出下さい。

 

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

令和3年11月の句会開催予定

開催日時   令和3年11月20日(土) 午後1時から

開催場所   仙台市荒町市民センター 第1会議室

宿  題   「外す」 「自由吟」 の各2句

あなたも川柳句会を体験してみませんか?

 ▽

見学は無料、未経験の方でもОKです!

ご自由に、会場へお越し下さい。

句会に参加される方は、下記ホームページから、「仙台句会」の案内ページに入り、必要事項を記入のうえ、

お申し込み下さい。

https://shinyokan.jp/senryuclub/sendai/



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K