Loading...Loading...

みなさま、いつもお世話になり、誠にありがとうございます。
川柳マガジンクラブ東京成増句会 世話人 松橋帆波です
諸事情により、本年も新年のご挨拶を控えさせていただいております。
ご了承くださいますれば、幸いでございます。

さて、新型コロナウイルスの感染拡大が収まりません。
これまでにない、拡大傾向が継続しており、再度の緊急事態宣言が発動されることとなりました。
この状況下で、会場にお集まりいただき、句評会・競吟披講・呼名を行うことは、適切ではないとの判断をせざるを得ません。
川柳マガジンクラブ東京成増句会は、1月、2月を紙上句会とさせていただきます。

オンライン句会に関しましては、参加可能な方と、そうでない方がおられますので、公式に川柳マガジンクラブ東京成増句会として行うことは見合わせます。
但し、未来のために、zoomを使った、懇親を試みる予定でございます。

1月句会に関しては、事前の開催日時(1/10)を過ぎますが、課題吟の募集、自由吟の互選を、改めてメール・郵便にてご投稿いただき、各作品の論評を、皆様と共有したいと考えます。
どうか、ご理解をいただき、ご参加のほどを、よろしくお願いいたします。

川柳マガジン東京成増句会1月のご案内
◎自由吟を1作品ご提出ください(既発表作可)

一覧にしまして、ご参加の皆様と互選評を行います。

◎課題吟
・「リセット」
・「赤いもの一切」
各題3句吐 お寄せください。

締め切りは1月13日(火)とさせていただきます。

一月句会に関しましては、参加費用は無料とさせていただきます。

※ すでに、欠席投句として切手をお送りくださった方には、
申し訳ございませんが、二月句会の参加費用として、
お預かりさせていただきたく存じます。
二月不参加になられた場合、返却させていただきます。
投稿先
〒125-0061 東京都葛飾区亀有1-13-1-407 松橋帆波
FAX番号 03-3604-7328
Eメール honamikp61●gmail.com

すでに、ご投稿いただいております作品につきまして、ご変更などがございましたら、1月13日までにご連絡くださいませ。
締め切り後、自由吟を一覧にいたしまして、皆様へお送りいたします。
それをもとに互選・批評をしていただき、再度帆波宛にお送りくださいませ。
皆様の互選評をまとめ、課題吟選考結果(選考は世話人にて行わせていただきます)を含め、句会報として発行させていただきます。

急な変更により、ご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解をいただき、ご参加くださいますよう、お願い申し上げる次第でございます。

以上でございます。

 

諸事困難な状況ですが、この中でも可能なことを探して、楽しむことができますよう、祈念いたします。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K