Loading...Loading...

12月1日(日)
第149回静岡句会を「コミュニティながいずみ」で開催しました。
出席者は、
林重勝、ケンジロウ、遠藤まつゑ、水品団石、勝叉恭子、中前棋人、
真島久美子、
渡辺遊石、廣瀬良磨、米山明日歌、句ノ一、風間恵子、
山口季楽々、中村虚路狸、
勝亦武子の15名。
栃木から良磨さん、佐賀から久美子さんに来ていただいて、
それは賑やかな刺激的な
句会になりました。

第一部 句評会 
一俵一粒買いますか宝くじ  重勝
それでも買います、夢を買う人がいます。
○拝まれることにうんざりするほとけ  ケンジロウ
神様はそうかも、、、ただ「ほとけ」はそうなんだろうか。
○御列をスマホの波がお出迎え  まつゑ
時代は動いているという実感を活写。
○赤羽に住んでたことがあるのにな  団石
本人は住んでいなかった。壇蜜のことだとか。そんなこと知るか。
○断捨離のはずが移動だけで終わる  恭子
この移動だけで終わるというところに穿ちがある。

○サクラの群れができている花見  棋人
意図的に15音にしたわけではありません。気がつかなかった。
○蛍窓をゆるりと落ちてゆく熟語  久美子
(言葉を)自分のものにしたという実感がここにある。
○アンパンの餡に嘘など言えません  遊石
こういう姿勢ももっていたいものです。
○傾いているのだろうか今の僕  良磨
こう自問しながら揺るぎない物が生まれるのでは。
○説明のないまま人間に生まれ  句ノ一
哲学的な句。「生まれ」でなくてはならない。
○大根の煮物ぐつぐつ揺れている  恵子
この「揺れている」を評価する声多数。
○昨年とほぼほぼ同じ菊を観る  季楽々
ほぼほぼがいい。平凡を超えた感動がある。
○ウソとホラ楽しんでいる顔の皺  虚路狸
何もかも笑い飛ばせる余裕ですね。
○銀杏のみどり惜しくて最後まで  武子
最後まで、ここが句をわかりにくくしたのかも。

句評会の進行は明日歌さん。
刺激的な2時間をまとめてくれました。

第二部句会
宿題「作法」水品団石 選
自己流で千利休は生きていた  ケンジロウ
二合まで酒のマナーは覚えてた  渡辺遊石
小笠原流で言われたさようなら  米山明日歌
不作法な冬将軍が横にいる  廣瀬良磨
不作法な方へ方へと流される  廣瀬良磨
秀作
安倍さんの作法にヤジも含まれる  中前棋人
にじり口背骨の位置を確かめる  真島久美子
淋しさを畳む作法は母のまね  米山明日歌
特選
薄墨で此の世の文字を書いている  真島久美子

宿題「作法」真島久美子 選
老いらくの恋に侘び寂びしぐさつけ  中村虚路狸
不作法な冬将軍が横にいる  廣瀬良磨
安倍さんの作法にヤジも含まれる  中前棋人
礼儀作法できれば人生無敵  ケンジロウ
不作法な愛がおち葉をまき上げる  句ノー
秀作
淋しさを畳む作法は母のまね  米山明日歌
眉ひそめられてもわたし流作法  勝叉恭子
不作法な方へ方へと流される  廣瀬良磨
特選
小笠原流で言われたさようなら  米山明日歌

第三部 サロン
真島久美子さんを囲んだフリートークの形で進めました。
(進行 句ノーさん)
熱い熱いサロンになりました。

句会の後はレストランの二階を貸し切っての忘年会。
ここでまた勢いがついたと思います。

次回静岡句会は、
1月5日(日)「コミュニティながいずみ」で開催します。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

静岡句会”にコメントをどうぞ

  1. take take on 2019年12月6日 at 6:54 PM :

    中前棋人さん

    いつも静岡句会を盛り上げて頂き、ありがとうございます。
    地元の熱き皆さまに、廣瀬さん、真島さんを迎えて、さぞかし賑わったことと思います!
    どんなフリートークだったのか、すっごく気になります(笑)

    ありがとうございました(´▽`)

  2. 中前棋人 中前棋人 on 2019年12月6日 at 9:42 PM :

    麻衣子ちゃん どうもです。いろいろお世話になっています。
    きょう昼間は老人会の忘年会、夜は囲碁の忘年会で今帰ったところです。

    久美子さんはセンマガ句会に出るのは初めてのこととか。句会での没句の披講もはじめて事ではないかと思います。没句披講のそのトーンも考えたとか。
    没句評も的確でしっかりしたもので勉強になりました。刺激を受けました。

    今年をこうした形で絞めることができて、来年に向けて勢いが、弾みがついたのではないかと思っています。

  3. 岡本 恵 岡本 恵 on 2019年12月7日 at 12:47 PM :

    こんにちは。
    すっかり冬の空気になりました。今日は朝から冷たい雨です。ラジオではクリスマスソングばかりですが、大人はそれどころでもないですね〜。
    12月の句会はスペシャルなゲストさんもお見えで盛会でしたね。一年の締めくくりとしても最高の学び合いだったこととお察しします。
    私は美しい作法とは程遠いバタバタした毎日。みなさまの作法に刺激を頂きました。この言葉はさくほうとも読むのですね。

    あれこれと言ってもわたし流で乗り切ればいいのです。いい意味で開き直っているようなところに拍手。
    別れの言葉はどんな形でも辛いもの。流儀なんか関係ない〜。
    うっかりするとつい無作法へと流されがちです。人生無敵となるように大人の礼儀作法は身につけたいですね。自戒を込めて。
    議員さんの作法って私たちには理解不能。学級会程度のルールは守ってほしいな。
    薄墨という単語一つで広がる風景。達人ですね。
    忘年会シーズンにお酒のマナーは守りましょう^^

    1年間川柳タイムをご一緒させていただいてありがとうございました。みなさまのますますのご活躍をお祈りいたします。寒い季節も心豊かに過ごせますように。

  4. 中前棋人 中前棋人 on 2019年12月7日 at 10:46 PM :

    こんばんは。
    冷え込みますね。昼からグランドゴルフ。その足で出かけていました。
    今、部屋を温めているところです。

     恵さんを静岡句会へお迎えしたのは、2013年の5月5日でした。
    このときの宿題は「しつこい」でした。
     恵さんの選で、「しつこさの挑戦状を受けとった」特選。これはもう忘れません。
    以来毎月一度もかかさずこうしてコメントを寄せて励まし続けていただいています。
    ありがとうございます。
     私の活力の源はここから来ているような気がしています。

    「白菜の重さよ自転車が揺れる」恵さんが句評会に出された句ですね。
    切れ字がその生活感をよりリアルにしたという句評があったと記憶しています。

    「連休の天気予報がやかましい」 恵  これは棋人選でいただいた句ですね。
    いろいろあの句会を思い出しています。

     恵さんのますますのご活躍をお祈りしています。良い年を迎えられますように。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K