Loading...Loading...

七夕の日の川柳マガジン奈良句会、近鉄奈良駅周辺の商店街は派手な笹飾りで賑わい、蒸し暑い昼下がりも観光客でいっぱい。
奈良漬の値段を確認納得して買わず、筆と硯の値段も確認納得して買わず、いつもの古本屋でも値段を確認、こちらはおおいに納得、つぎの機会に是非ということに。
勉強会場は三条通の美味しいお蕎麦屋さん「かえる庵」そのやや斜め向かいに浄教寺、樹齢約250年、株周り6.5mの蘇鉄は奈良では珍しい存在。 写真だけ撮らせて戴いて引き帰す山門でお若い女性の方に「ありがとうございました」とお礼を言われおおいに恐縮。阿弥陀さまへのご挨拶は次の機会に是非・・・
さて今日の参加者(敬称略・木嶋盛隆・山崎夫美子・中堀優・池田みほ子・山田恭正・峯島妙・山中あきひこ・竹永広義・柴橋菜摘・佐藤かえる・香依古・板垣孝志)の13名。

★第一部(合評会)
没句の原因究明がほとんどであるが、これから出句を目指す句もあるので詳細は公表し無い事に。 意見交換の中で感じたこと、各自の句は各自の物差しで作られていること、外食でカレーを食べることが贅沢と考える人と、外食でカレーなど貧相と考える方が居た場合、カレーの句の解釈がまったく折り合わない場合があるので要注意!
カレーに限ったことではないが、選者の年齢、年収、職業、学歴、人となり等々、すべてが句の評価に影響することは頭の隅に置いておくべきかも・・・

★第二部 句会 宿題=秒
木嶋盛隆 選
秒針の無かった頃が僕に合う かえる
内視鏡あっという間のメス捌き みほ子
夜が冴え秒針の音突き刺さる  妙
○瞬きも息も忘れて恋落ちる 妙
○秒読みになって聞こえる銀の声 あきひこ
○落日へカウントダウン燃え尽きる 夫美子
企みを知る秒針が白くなる 菜摘

 板垣孝志 選
 企みを知る秒針が白くなる 菜摘
 秒針が命を刻む手術中 恭正
 流星に儚い定め大気圏 香依古
○五輪へとサニブラウンの破天荒 みほ子
○秒針の無かった頃が僕に合う かえる
○秒速で過ぎる何にも見えぬまま 菜摘
病室に秒針の音消灯後 あきひこ

(秒)互選結果
⑦数秒の差で怒らせる笑わせる 孝志  香夫優と 文字は特選2点扱い
⑤秒針の無かった頃が僕に合う 広義  と恭広妙あ
⑤夜が冴え秒針の音突き刺さる 妙  菜か夫
④流星に儚い定め大気圏 香依古  妙み
④ハイタッチだけでうれしいサポーター 広義 香恭
③秒針が命を刻む手術中 恭正  優広菜
③秒速で過ぎる何にも見えぬまま 菜摘  夫
③内視鏡あっという間のメス捌き みほ子  優
③瞬きも息も忘れて恋落ちる 妙 み
②以下は謹んで省略致します

★第三部(印象吟ー制限時間5分)写真参照
互選結果
⑤鬼太郎は父の覚醒待っている 香依古
④白骨の戦士が祈る海の底 菜摘
③どこが好きだなんて悩まなくていいの 恭正
③知らんふり猫もまたいで行くやんか 優
③七夕の祈りアロマの香に乗せ 妙

 

 

 

 

 

 

番外
さてお馴染みの懇親会、差し入れは家庭料理にサラダ
新じゃがコロッケなどなど、盛隆さん手作りの
パンと特大カレーパン。度肝を抜く仕上がりに
皆びっくり! 沢山の差し入れありがとうございました!
話題に消えたのか消されたのか、はたまた隠匿されたのか日川協の「暗合句検索」システムの件も、自分で考えて出来すぎた句が暗合ではないかと思ったときに調べるのに便利だったが無くなると不安をあおる。益々奇抜な句が流行るのではないかとは真夏にふさわしい・・・・
とにもかくにもお酒と料理はピカ一 今月も御馳走様でした\(^o^)/

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

七月奈良句会報告(149回目)”にコメントをどうぞ

  1. 大田かつら on 2019年7月8日 at 4:52 PM :

     こんにちは。今回は印象吟 菜摘さんの作品 白骨の戦士が祈る海の底 この作品が強烈に響いて来てしまいました。私は現在開催中の 語り継ぐ受け継ぐ豊見城の戦争記憶 豊見城市歴史民俗資料展示室会場で受付日直業務のアルバイトをしているからですね。体験者の映像には涙無くしては観れません。戦争を知らない親子連れが多く来られたので良かったです。戦争を風化させてはならない❗この思いを強く抱きつつ仕事に就きました。かつらより

    • 板垣孝志 板垣孝志 on 2019年7月8日 at 8:26 PM :

       映画「ひめゆりの塔」は確かに観た記憶がありますが昭和28年作とか、当時小学一年生でしたので、ほとんど内容を覚えておりません。
       父は33歳で戦争に行かされ、南洋のポナペ島で毎日爆撃を逃れるだけの兵隊生活のようだったらしいのですが、戦争のことは語らずに亡くなりました。
       悲惨な戦争体験を正確に語り継ぐお仕事 頑張って下さい。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K