Loading...Loading...

※この記事は仙台句会報告に被さっております。
仙台句会報告の記事もお見逃しなきように・・・

三月三日ひな祭りと重なった川柳マガジン奈良句会。
前日と打って変わって低温に、体調不良ドタキャンもあって
参加者は9名・敬称略(池田みほ子・林ともこ・柴橋菜摘・佐藤かえる・香依古・山中あきひこ・竹永広義・木嶋盛隆の各氏)

第一部 句評会
おゝ寒い温か蕎麦だまずビール→冷えるから熱熱の釜揚げ蕎麦を注文しながら、まず冷たいビールを頼むお客に注目した作者。当たり前の中の疑問に注目するとオヤッと思わせる川柳が出来上がることが多い。
温かと書いてアッタカとも読む。辞書で確認して納得

★第二部 句会(題は架空)共選
柴橋菜摘 選
自分史の山場に嘘も入れておく あきひこ
アトム時代スマホ描いた人がいた かえる (手塚治虫の予言的中)
手玉に取られた地面師の目論見  みほ子 (次から次へ新しい詐欺の手口)
○妄想の夢はひとには言われへん あきひこ
○過去のこと全て架空という歴史 盛隆
酒二合ボクの世界の扉開く 広義

山中あきひこ 選
手玉に取られた地面師の目論見 みほ子
ニンゲンを呑み込みバーチャルは踊る 菜摘
忘れないロープウェイで見た桜 かえる
○ユートピアを信じたはずの移民船 菜摘
○婆様が逝き架空口座の二億円 ともこ
酒二合ボクの世界の扉開く 広義  (広義さん今月は2冠ゲット)

【架空 互選の最多得点』
妄想の夢はひとには言われへん あきひこ
(男は妄想の中で生きておるんです=タモリ)

★第三部 印象吟=お雛様を見て一句(全句写真にて)

 

 

 

 

 

 
互選最多得点
おひなさまみたいなふたりだったのに 菜摘
(TBSラジオの川柳番組を担当していた榎本勝起という方が「575の後に『さてそれからはどうなった』の7-5が付く川柳が良い」とよく言って居られたが、この句はまさにそれ。 言い切らぬところに広がりがある。
575に縮めるのではなく575に拡げることが大事。

番外
懇親会の御馳走は春野菜のてんこ盛り

(句会資料提供・山中あきひこさんと木嶋盛隆さんでした。 ありがとうございました!



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

3月奈良句会報告(145回)”にコメントをどうぞ

  1. 大田 かつら    on 2019年3月4日 at 7:56 PM :

     何時も楽しそうな雰囲気でよろしいですね。お酒と美味しそうなツマミが匂ってくるようです。
     今回の作品は全部好感を持ちました。皆様のお人柄が宜しいからなのでしょうか、、。雰囲気があたたかく、優しく伝わりました。遥か南の沖縄より、、親愛をこめてかつらより

    • 板垣孝志 板垣孝志 on 2019年3月4日 at 8:30 PM :

      かつらさん こんばんは
      早速コメントありがとうございます
       100円ショップのお雛様から数千万円の壇飾りまで
      色々なお雛様がありますが 沖縄ではどのような雛祭りでしょうか?
       互選風景の写真にすこしブレがありますが、蕎麦処「かえる庵」さんの
      落ち着いた雰囲気が伝わればありがたいです
       

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K