Loading...Loading...

 

ついに、ついにやりました羽生結弦さん!オリンピック金メダルの2連覇達成です。大ケガのブランクをものともせず、堂々たる勝利でしたね。

彼の郷里である宮城県の2月16日、17日は、寒波の最中にも関わらず、熱気あふれる2日間でした。県民挙って、結弦の爺ちゃん、婆ちゃん、父ちゃん、母ちゃん、兄ちゃん、姉ちゃん、弟、妹でした。

金メダルが確定するや涙ぐむ人も多くいて、帰国後にあるだろう仙台での凱旋パレードに思いを馳せております。

フリーの競技が行われた17日の午後は、仙台句会の真っただ中で、当然、参加者はライブでは応援することができませんでした。

でも、それでよかったのかも知れません。参加者の皆さんは、それなりのお歳ですから、興奮のあまり血管に万一のことでもあれば大変!!まして、金銀ワンツーの結果だったのですから・・・・。

さて、仙台も雪です。とはいえ、西日本には及ぶべくもないのですが、「鞭声粛々夜雪道を過る」バランスを取りながら氷上をそろそろと歩いていますと腰が痛くなってきます。少しでも気を許そうものならスッテンコロリ。ああ、春はまだまだ遠くあり。

 


 

第103回 

川柳マガジンクラブ仙台句会

 

 

開 催 日   平成30年2月17日(土)

開催場所   仙台市太白区中央市民センター

参 加 者   

矢口瑛香さん、笹 美弥子さん、鹿野 椿さん、 

西村晴子さん、木立時雨さん、柳川ひょうごさん、 

佐藤安子さん、佐藤岩嬉さん、島 文庫、 以上9名

 


 

 

第1部 「 句 評 会 」

 

 

定例の句評会からの報告です。

 

冬籠りお多福の面彫っている

〇句評/色々なことを想像させる面白い句ですね。お多福っておかめヒョットコのおかめですよね。冬は家に籠ることが多くてストレスが溜まりますが、それでも微笑みを絶やさずにいるという健気な句ですかね?いや、単に運動不足で太ってきました、かも知れませんよ。

〇作者/皆さんご指摘のような大それたものではありません。冬は外出の機会が少なくなり散歩もままなりません。太る一方でプクプクした顔がますますお多福顔になってきたんです(笑)

 

雪の降る北の方言ただ温し

〇句評/確かにお国訛りは温かい。ただひたすら暖かいの「ただ」が効いています。雪の降ると北は重複しませんか?(今年は南も大雪だからかな。)津軽とか地名を入れ込むのはどうか。例えば、雪の降る津軽訛りのただ温し、とか。

〇作者/主人と岩手に行ったときの話なんですが、道に迷った際、地元の方に助けていただいた時の話です。言葉は所々分かりませんでしたが、親切がとても身に沁みました。そのことを「ただ温し」と「見立て」で作りました。

 

下さいな二重瞼の福だるま

〇句評/ダルマに瞼があるのかな?市で買ってくるダルマは、そもそも目が入っていないでしょ。可愛いダルマが欲しいわけではないよ。整形で自身が二重瞼になりたいとか???

〇作者/願いが叶って目を入れたとき、お目めパッチリだと叶った願い事が人様より大きいような気がしまして。それで、アイラインとかアイシャドウが施してあるダルマをと・・・(笑)

 

暖簾街徘徊止めて妻の酌

〇句評/のれん街の徘徊?意識朦朧ということかな?はしご酒で国分町をうろうろするのをやめて、今は奥さんのお酌で呑んでおります!ということですか。徘徊を何でやめたのかな?認知症が治ったりして。きっと、経済的な理由ですよ。何と言っても梯子酒ですから、お金がかかりますからね。

〇作者/旧友との会食で「外で飲む機会がすっかりなくなってしまった。」と皆の話。もっぱら家で妻の酌でとか言ってましたが、奥さんの酌でも美味いのでしょうね。(失敬)

 

平昌の雪は甘いかしょっぱいか

〇句評/美味い物かどうかは、食べてみないと分からないですから、面白い句です。なんせ、自然相手の競技だから、雪や風のコンディション次第で運不運も生じてくる、非情な世界です。金正恩とか、安倍さんとかのことかも知れませんね。

〇作者/皆さんのおっしゃる通りです。運も実力のうちとはいえ、不条理さは拭えません。北朝鮮の参加とか、五輪外交とか、生臭い話題も多く素直に楽しめない五輪です。

 

日照り雨とき折りキラッと雪ちらり

〇句評/日照り雨は、お天気雨のことですね。中八が気になります。(必然性があれば中八でもОKとの意見もあり。)ときおりキラリ雪ちらり、として韻を踏む手もありかな。

〇作者/ありがとうございます。帰宅途中のバスの中で浮かんだ句で、なかなか整理がつかなくて。

 

この人なら生涯つくす冷や奴

〇句評/冷や奴に込めた意味合いは?比喩で冷や奴を用いる例は多いですよね。冷や奴は手抜きのイメージ。さらりとしていても意味深い句ですね。作者の意図は何だろう?

〇作者/下五を何にしようか悩んだ結果、私、冷や奴が好きですから冷や奴にしました。冷や奴も手抜きですが、句も手抜きです。

 

酒米になって小さく丸くなる

〇句評/酒米は、磨けば磨くほど高い酒になる、そういったところですかね?小さく丸くだと大成のイメージではないから、人生も後半の事で、小さく丸くなってしまった。ですかね。

〇作者/酒米は、磨いてゆくと、小さくなり、丸くなり、透明になっていきます。私も酒が好きですから、自身もそうしていって、いつか、大吟醸になれればいいなと思いまして。

 

日雇の身元は問わぬ今日を食む

〇句評/岡林信康の山谷ブルースの世界ですね。廃炉作業の現場や震災復興の現場でも彼らの労働力に支えられている。ブルーカラーの担い手がいなくて、労働力まで海外から輸入する始末ですから。今日を食む、使い捨ての労働力ではいけないんですよ!

〇作者/テレビの受け売りでスミマセン。たまたま、そんなドキュメンタリー番組を見ていて、まだ、こんな現実があるんだと驚き憤りました。

 


 

人生のトリックここで鳥になる(義子)」

川柳を通して人生が見えてくる。

喜怒哀楽を言葉に表すことができるのは

最高の幸せです。

仙台句会のメンバーであります真田義子(さなだよしこ)さんがこのほど句集を出版されました。(新葉館出版さんの発刊です。)

おめでとうございます!

川柳歴25年、真田義子が満を持して句集を編む!!

温かくって、しなやかで、独特の義子ワールドが全編に散りばめられていて、読む人の心がフワッと軽くなる。冬、お勧め一冊です。

旅に出てすこし大きなあくびする

一行の日記で終わるひとり旅

鉛筆でかく幸せもきっとある

騙されていよう優しい嘘だもの

 


 

第2部 「 句  会 」

 

 

今月の宿題、選者、結果は、つぎの通りです。

 

宿 題 『やきもき』 佐藤岩嬉 選

 

佳 作

慰安婦の像で韓流腹話術 文庫

やきもきし睨むスマホが萎縮する 時雨

やきもきを笑いに変える良きしらせ 時雨

やきもきとすればするほど絡む糸 晴子

雛飾るいまだ嫁がぬ四十路おり ひょうご

 

秀 句

やきもきと待ってる孫のサクラサク 安子

イライラに飴玉ひとつ舐めさせる 美弥子

やきもきをそっとほぐして春うらら 美弥子

 

特 選

金メダル今かいまかと落ち着かず 文庫

 

 

 

宿 題 『よだれ』  鹿野 椿 選

 

佳 作 

B級グルメみているだけでもたまらない 美弥子

老猫もドライマウスか食べ残し 岩嬉

訓練のおあづけに耐え犬涎 映香

孫よだれ抱く娘に妻重ね ひょうご

地蔵様へ母の手縫いのよだれ掛け 安子

 

秀 句

旨いもの賞味期限を追い払う 岩嬉

宇宙食よだれどこ行く無重力 時雨

よだれともつかぬ涙か濡れ枕 ひょうご

 

特 選

民進へネクタイ風のよだれかけ 文庫

 


 

2月句会の風景です。

 

 

 3月句会の開催予定

 

開催日時  平成30年3月17日(土) 午後 1 時から

開催場所  仙台市太白区中央市民センター 3階

宿  題  「快い」 2句、  「ロボット」 2句

会  費  会員1,000円、 非会員1,200円

※4月の句会は、4月28日(土)午後1時からとなります。

これも仙台名物「芹鍋」です。ご覧の通り根っこまで食べちゃいます(笑)

あなたも川柳句会を体験してみませんか?

お試しの参加費は無料です。

ご参加をお待ちしています。

※句会に参加ご希望の方は、下記のホームページから、

必要事項を記入してお申し込み下さい。

https://shinyokan.jp/senryuclub/sendai/



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

2月仙台句会”にコメントをどうぞ

  1. 真田 義子 on 2018年2月20日 at 7:28 PM :

    仙台句会、寒い日でしたね。
    私も、出かけtれきたのですが、帰り、バスから降りたら、最高に寒いでした。

    私の句集の宣伝?ありがとうございます。
    対した句はなくて、恥ずかしいです。

    私も好きなくがあります。
    ★どうどうと誰かが嘘を言っている

    なかなか参加できませんが、すみません。

  2. 仙台句会 仙台句会 on 2018年2月26日 at 8:23 PM :

    義子さん、コメントありがとうございます。
    このところご多忙のご様子で句会へ参加いただけなくて残念です。
    来月こそ是非、お越しください。
    義子さん、これからもドンドン素敵な句を・・・・。
    島文庫より

  3. 真田 義子 on 2018年3月3日 at 10:21 AM :

    文庫さん、コメントありがとう!!
    今日は、良い天気ですね。
    午後から、141ビルのエルパークでカントリーダンスの
    レッスンです。
    カントリーダンスは大好きです。はや20年踊っています。
    一人で踊るので、いいですよ。
    明日からは、カラオケ仲間で1泊の旅行です。

    3月も用事が重なり、行けそうもありません。
    いきたいのですが、もうしわけありません。

    そろそろマガジン3月号の句をつくらないといけませんが、出てきません。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K