Loading...Loading...

第六十五回川柳マガジンクラブ神戸句会報告

灘魚崎地区酒蔵巡り吟行会

二〇一七年十一月十六日 三宮グリーンベッリー喫茶店

 

 

出席者    十七名  順不同  敬称略

 

石川憲政   毛利きりこ  長島敏子  こやまひろこ  河合受身

蘆光来    末盛ひかる  村上しげ子 吉井扇久    田中おさむ

小倉しゅういち 大石希世  北田京子  河内谷恵    城戸幸二

藤本美知恵      特別参加 松岡恭子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席題   酒蔵巡り雑感     河内谷 恵   共選

 

佳作 酒蔵を訪ねて下戸は千鳥足      田中おさむ

米洗う昔の姿七五三         大石希世

宮水と山田錦で誉れ酒        河合受身

震災をバネに空蔵のフェニックス    石川憲政

灘の酒飲み比べるも皆銘酒       吉井扇久

試飲したとたん買う気になってくる   長島敏子

酒蔵に極みを見てる米文化       城戸幸二

秀作 灘五郷日本が誇る酒の蔵        蘆 光来

試飲して旨さに引かれ買い過ぎた    北田京子

特選 お酒さえあれば誘いに乗るオトコ    毛利きりこ

(選者評)誘いに乗るのはオトコだけではないと思う今日この頃….親しみの持てる句でした。

軸  寒風が試飲した身に心地よい      河内谷恵

 

 

席題   酒蔵巡り雑感     田中おさむ   共選

佳作 水運の利 見事生かした灘五郷     河合受身

五千歩と紅葉愛でる灘の酒       毛利きりこ

香利き種々の試飲に染まる頬      大石希世

迷子にもしっかりなって吟行会     末盛ひかる

ほろ酔うて吟行楽し蔵めぐり      藤本美智恵

米洗う昔の姿七五三          大石希世

左遷地で地酒二杯にいやされる     藤本美智恵

秀作 恋の句もさらりうまれる昼の酒     こやまひろこ

お酒さえあれば誘いに乗るオトコ    毛利きりこ

特選 酒の香に杜氏の背なの凛として     城戸幸二

(選者評)酒造りは杜氏あればこそ。杜氏の責任の重さを感じさせる句である

軸  震災を乗り越え空蔵輝いて       田中おさむ

 

宿題  たとえ         こやまひろこ 共選

佳作 暴力はたとえ横綱でもダメだ      田中おさむ

友の個展たとえ下手でも褒めそやす   蘆光来

父の命たとえ尽きても志は残る     藤本美知恵

具体的避けて例えで場を濁す      大石希世

絶妙なたとえ本質浮き上がる      長島敏子

命さえあれば難関乗り越える      毛利きりこ

最悪のたとえ術前に聞かされる     藤本美知恵    ②

秀作 結婚なんて麻疹のようなものなのさ   石川憲政

パスワードたとえ妻でも明かさない   田中おさむ

特選 たとえ今謝罪されても消えぬ傷     長島敏子

(選者評)相撲界に限らず謝罪のタイミングは大切。

相手に届くか否か?早いに越したことはない。

軸  人生を川にたとえて身を任す      こやまひろこ

 

宿題 たとえ    城戸幸二  共選

佳作 たとえどんな罪犯しても我が息子    村上しげ子

たとえれば少し酔ってる君が好き    北田京子

成らぬ事例えの中で夢を見る      大石希世

たとえれば酔ったふりして君口説く   北田京子

じいちゃんのたとえ話が古すぎる    河内谷恵

たとえ今謝罪されても消えぬ傷     長島敏子

絶妙なたとえ本質浮き上がる      長島敏子

秀作 熱燗がからんだ糸をもみほぐす     吉井扇久

本音なら美辞麗句にも温みある     河合受身

特選 具体的避けて例えで場を濁す      大石希世

(選者評)「例えばですな」という言い方でうまく引用して

場を収める高等技術ですね。

軸  爪楊枝たとえばコストないような    城戸幸二

 

 

 

 

 

 

句評会  ~~今月は句評会は致しませんでした~~

 

近況報告など

 

▼一年に一度集まる友、十八名と彦根で楽しい時を過ごしました。永源寺の

紅葉にうっとりでした。

▼電車の中で携帯を落としましたが親切な人が教えてくれて幸せでした!

▼十一月十日は森繁久弥・森光子・高倉健の命日です。ラジオで聞いてびっく

りしました。

▼実は先月二十七日神戸川柳大会の前日転んで右鎖骨を骨折全治一か月!不自由です。でも川柳は出来るのでありがたい。プラス思考で行きます。

▼友人が秋の叙勲を受けました。夫婦で皇居へ行くとかで大変そうです。

▼先月例会の日から四日間中国の上海・蘇州・無錫へ行ってきました。水郷風景など素晴らしかったが、帰国フライトが台風でキャンセル。やれやれ。

▼娘と一緒に断捨離を決行中。娘「こんなんいらんでしょ!」私「まだ着るかも知れんし!」としばらくこんな感じです。

▼一か月前になりますが山形の柳友を訪ねました。今年八十一歳。川柳やまがたの主幹としてがんばっておられました。少しだけ編集を手伝ってきました。

▼秋晴れの酒蔵めぐりジョークある説明に売店も賑っていた。今年二十歳なる孫に杉のおちょこを買った。これで金粉入りお酒でお祝いしようと思っている

▼十一月五日私の兄弟→子と配偶者→孫とその配偶者→曾孫 ファミリーツリーを作り紹介も含めわいわいがやがや楽しく歓談の時を持った。

▼友の会の交流会が十二月三日にあり準備他忙しい。ベテランの二人がダウン。やはり私は病人のグループだと自覚した。

▼伯母が先月末施設に入居した。住民票等各種手続きが大変。明日は家財の処分をするが貴重なものを捨ててしまわないか心配だ。

▼家からわりと近いのに行ったことがなかった酒蔵に初めての参加です。マガジン句会の人たちも良い雰囲気。できれば又参加したいなあ!

▼鬼の霍乱?一週間ほど風邪を引いてベッドに入ると咳が出て睡眠不足です。年を取るとなかなか治りませんね。

▼週間予報から気にしていた吟行。朝からもうすばらしい秋晴れ。数種類の試飲に身も心もぽかぽか。楽しい吟行になった。

 

 

 

 

今後の予定

 

十二月例会   十二月二十一日

たちばな研修センター

宿題「題」

 

来年の宿題(予定)

一月   裸   二月  本音   三月  気楽

四月   騙す  五月  約束   六月  演技

七月   惑う  八月  飼う   九月  滑る

十月   かゆい 十一月 残念   十二月 追加

 

報告者:城戸幸二 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K