0
¥0

現在カート内に商品はございません。

精鋭作家川柳選集 北信越・東海編

編著者: 川柳マガジン編集部
A5判変型ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-8237-1032-2
¥1,650 (税込) ※ ポイント還元中
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【北海道・東北】【関東】【北信越・東海】【近畿】【中国・四国・九州】の5つのエリアにおいて、各地域を代表する精鋭作家または明日の川柳界を担う次世代作家が20名ずつ顔を揃えた、合計100名による壮大な川柳句集アンソロジー全5巻。
 本書は【北信越・東海編】として、北信越・東海エリア在住の精鋭作家20名が集う。各作家の代表作品30句と、個性豊かなミニエッセイを収載。本書を通じて、川柳界の今と明日を映す地域性、作品傾向、柳派などを知ることが出来る待望のシリーズ。唯一の川柳総合雑誌「川柳マガジン」創刊20周年特別企画。

日だまりへお出でよ春が生まれてる (内山 克子)
悲しいね悲しい顔のないお通夜 (北原おさ虫)
しがらみをといて手紙の十二色 (斉藤 理恵)
しなやかに生きて心という砦 (佐藤 文子)
芽吹く音聞こえくるよな春日和 (佐野由利子)
もういいかいと風呂敷が降ってくる (新保 芳明)
火の章で踊るもうひとりのわたし (菅沼 輝美)
お陽さまの匂いわたしの常備薬 (住田勢津子)
三角に折るとはみ出す美辞麗句 (相馬まゆみ)
イントロが始まる東窓の赤 (竹内いそこ)
海に降る星にさよなら言い忘れ (外側としみ)
月と星 好きと愛との遠い距離 (戸田冨士夫)
五月晴れ見に来ませんか深海魚 (八甲田さゆり)
生きている証きれいに脈を打つ (広森多美子)
きれいだと思う男の胸の汗 (藤森ますみ)
喜劇での涙に変えたブルドッグ (古川 政章)
花だより夢は形になってゆく (松原ヒロ子)
ぶんぶんぶん地球は青いままがいい (宮内多美子)
アンビシャス空がだんだん高くなる (宮田喜美子)
五時からは高田純次の足取りで (渡辺 遊石)

カテゴリ一覧

ページトップへ