0
¥0

現在カート内に商品はございません。

精鋭作家川柳選集 関東編

編著者: 川柳マガジン編集部
A5判変型ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-8237-1031-5
¥1,650 (税込) ※ ポイント還元中
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
【北海道・東北】【関東】【北信越・東海】【近畿】【中国・四国・九州】の5つのエリアにおいて、各地域を代表する精鋭作家または明日の川柳界を担う次世代作家が20名ずつ顔を揃えた、合計100名による壮大な川柳句集アンソロジー全5巻。
 本書は【関東編】として、関東エリア在住の精鋭作家20名が集う。各作家の代表作品30句と、個性豊かなミニエッセイを収載。本書を通じて、川柳界の今と明日を映す地域性、作品傾向、柳派などを知ることが出来る待望のシリーズ。唯一の川柳総合雑誌「川柳マガジン」創刊20周年特別企画。

恋模様スカッと男競り落す (新井千恵子)
何時か来る戦力外という試練 (五十嵐淳隆)
世の寒さ温めなおす囲み記事 (大竹  洋)
進化するヒトの頭脳が計れない (岡 さくら)
骨太な父の鋳型を抱いて寝る (梶野 正二)
空が澄むキリンの舐めたところから (加藤ゆみ子)
世界一きれいな蕾いのちです (北島  澪)
はつ夏の風に私を解き放つ (近藤 紡藝)
人間になりたい神がいた昭和 (酒井 青二)
花好きの人かも蝶が寄って来る (佐瀬 貴子)
月孤独 狼孤独 影もまた (柴垣  一)
ホームの先に遠い約束 (中島 かよ)
温暖化地球の生理狂わせる (長谷川渓節)
無機質な部屋が一輪挿しで生き (原名 幸雄)
掬いたいメダカの群れは逃げ上手 (藤巻 朱實)
自分史をひとり語りの母と居る (ふらここ)
スクロールああ人生の泣き笑い (松本とまと)
禅杖に打たれ人間目を覚ます (三浦 武也)
ぽぽぽぽと咲くふるさとは桃の里 (三村 悦子)
アリバイ有るも状況がクロと言う (八木せいじ)

カテゴリ一覧

ページトップへ