0
¥0

現在カート内に商品はございません。

精鋭作家川柳選集 北海道・東北編

編著者: 川柳マガジン編集部
A5判変型ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-8237-1030-8
¥1,650 (税込) ※ ポイント還元中
数量
カゴに追加しました。
カートへ進む
【北海道・東北】【関東】【北信越・東海】【近畿】【中国・四国・九州】の5つのエリアにおいて、各地域を代表する精鋭作家または明日の川柳界を担う次世代作家が20名ずつ顔を揃えた、合計100名による壮大な川柳句集アンソロジー全5巻。
 本書は【北海道・東北編】として、北海道・東北6県エリア在住・出身の精鋭作家20名が集う。各作家の代表作品30句と、個性豊かなミニエッセイを収載。本書を通じて、川柳界の今と明日を映す地域性、作品傾向、柳派などを知ることが出来る待望のシリーズ。唯一の川柳総合雑誌「川柳マガジン」創刊20周年特別企画。

お雑煮はモーツアルトで小宇宙 (伊藤 寿子)
仮免でいつまで生きているのかな (伊藤 良彦)
皿二枚割って収める妻の乱 (太田 祐子)
プロローグ大きな声でハイと言う (大沼 和子)
夜桜にひかれ月までランデブー (岡本恵美子)
はからずも多摩御陵から使者がくる (落合 魯忠)
平凡を毎日通すボタン穴 (鎌田 京子)
倒立前転 告白なんてそんなもの (菊池  京)
きみを着て聴く平場の雪のおと (澤野優美子)
サンタフェの少女が書棚から覗く (島  文庫)
縺れ合うみんな淋しい糸だから (清水ひろ子)
我が家にもほしい小さな赤い靴 (鈴木 英峰)
追伸が届く心の風穴に (須田たかゆき)
あと何度見れる桜の置き手紙 (須藤しんのすけ)
獅子頭かぶって神になる一瞬 (鷹觜 閲雄)
押されたらキュンとしたたる恋ごころ (髙橋くるみ)
無人駅ひとり芝居がうまくなる (高橋みのる)
明日の僕支えるための今日の僕 (冨樫 正義)
まっすぐに春の気配の中に立つ (冨岡 敦子)
はしたない青を飼ってるひとが好き (藤田めぐみ)

カテゴリ一覧

ページトップへ