0
¥0

現在カート内に商品はございません。

仲川たけしの川柳と愛言(川柳作家ベストコレクション)

編著者: 塩見草映
新書判ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-589-8
¥1,320 (税込) ※ ポイント還元中
数量
カゴに追加しました。
カートへ進む
「政争の仲裁の名手」と呼ばれ、参議院議員として長年政界で活躍、また家業の建築会社社長として実業家としても辣腕を振るった仲川幸男のもう一つの顔は、川柳作家・仲川たけし。
愛媛県川柳文化連盟会長として愛媛を川柳王国に築き上げ、全国組織の全日本川柳協会の社団法人化、47都道府県の川柳会設立制覇を成し遂げるなど、川柳の地位向上と普及発展に尽力し、川柳史に輝かしい功績を残した。
激動の時代を全力で生き抜いた彼の胸奥には、常に川柳への無限の愛があった。

玄関に今日来る人の好きな花
改造へもしやもしやのモーニング
小包のこの結び目は母のもの
激論の末席あたり碁の話
あざなえる縄なり今日をあせるまい
怒鳴ってるほうが負けてる政治劇
男とはピンチに見せる土性骨

カテゴリ一覧

ページトップへ