0
¥0

現在カート内に商品はございません。

川柳句集 星出冬馬-再生の命ライオンでありたし

  • 電子書籍も近日刊行
編著者: 星出冬馬
新書判ソフトカバー・104頁
ISBN978-4-86044-578-2
¥1,296 (税込) ※ ポイント還元中
数量
カゴに追加しました。
カートへ進む
下記ストアにて電子版を配信予定。
スマホ、PC、タブレットでも、ぜひお楽しみください。
配信体裁:リフロー型(検索や辞書機能などフルにご活用いただけます)

とめどなく湧き出る詩想、無限につづく想念の森。
自らの川柳で日常を非日常に変えることの出来る著者の清廉な美学と、圧倒的な詩への熱量を感じることが出来る一書。理知的な視点で人間の深部を穿ち、時に社会性の色濃い作品で真正面から世の中にもの申す句姿が、あっという間に冬馬ワールドへと読者を引き込む。
「父上様 母上様 恙なしや」という自筆の書ではじまる本書の背景には最愛の両親に捧げるレクイエムがあり、また苦楽を励まし合ってきた親友への感謝がある。
あとがきには「この句集は私のお別れの色としたいのだ。/私の生きた雫の証明と/全力疾走で生きてきた私を/紙面の奥の襞の中の日日の苦悩と残骸を残したいのだ。」と記している。>

愛の字を倍にするから砂になる
ひらがなの問いに鎖骨の勘違い
一灯をかかげ是々非々パンのみに
灰汁ぬいてみたら余った接続詞
レモン噛む哀しい過去が裏返る
かぎりなくグレーが続くわが戦
数独と孤独なりふりかまわない
渡り鳥お前も派遣だったのか
家を売る人生を売る0地点
再生の命ライオンでありたし

カテゴリ一覧

ページトップへ