• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • 電子書籍も配信
編著者:
野村賢悟

川柳 擬

1,543 円(税込)
ポイント: 14 Pt
四六版・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

紙本のご購読は下の「カゴに入れる」からご購入いただけます。
数量:
 カゴに入れる
---------------------------------------------------------------------

この書籍は電子書籍のみの販売となります。
スマホ、PC、タブレットで、お楽しみください。
配信体裁:リフロー型(検索や辞書機能などフルにご活用いただけます)
---------------------------------------------------------------------

主な内容

抽象と具象の狭間から読みとる、確かな人間臭。昭和一桁生まれの著者は江田島海軍兵学校教官の父をもち、戦時中から戦後の激動の時代を生き抜いてきた。自らの目で見た現実をありのままに忠実に川柳に表現する姿勢は多くの読者の胸に感動を呼ぶ。
「えふえい」「せみのこえ」「おおはなび」「ゆめをくう」「ねたふり」の5章に、4編の詩が若き日の著者のほとばしる思いが伝わる詩が加わり、本書を重層的に彩っている。

《輪郭が見えぬリンゴの向きを変え》
《UFOが咳をしながら飛んで来る》
《とうがらし熟れて静かな退職日》
《体温をなくして生きる影法師》
《地図になる道を残して僕の自負》
《波飛沫本音は海の底にある》
《八月を無口に過ごす生き残り》
《太陽と水と少しの塩で生き》
《ずり落ちた老眼鏡で見る政治》
《自分史の終りに未完と書いておく》

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2017 Shinyokan Net Store All rights reserved.