• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • NEW
  • 電子書籍
編著者:
たむらあきこ

たむらあきこ千句

1,728 円(税込)
ポイント: 16 Pt
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8
申し訳ございません。只今品切れ中です。
---------------------------------------------------------------------

この書籍は電子書籍のみの販売となります。
スマホ、PC、タブレットで、お楽しみください。
配信体裁:リフロー型(検索や辞書機能などフルにご活用いただけます)
---------------------------------------------------------------------

主な内容

十七音の文芸性を追求―自身の内側を見つめ続けた、たましいの一行詩。12歳で短歌を詠みはじめた文芸少女が、32歳からエッセイ、詩、俳句と短詩型文芸の世界で活躍、やがて運命に導かれるように川柳を知り、一心不乱に句を世に生み出し、前人未踏の「あきこ川柳」の世界を構築してきた。潜在意識の中から浮かび上がる心象風景が「たましい」となって1000句に投影される。今最も川柳の世界で注目される川柳作家の重要な基点となる待望の第2句集。詩性川柳の結実がここにある。


何もなかったように鋭く死んでいる
たましいの凭るのは月の暈あたり
したたかに他人で致死量のことば
わたくしの中の傍観者に当たる
あっけない訃へ雨脚が寄ってくる
こころにも汚泥を塗ったことがある
人間の砂漠ににんげんを咲かす
遺書としてまさかが書いてあるぬめり
たかが突き指へ覚悟が挫折する
陽だまりの陽を吸うどんよりとひとり

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2017 Shinyokan Net Store All rights reserved.