• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • NEW
  • 電子書籍も配信
編著者:
丸山芳夫

豆電球

1,944 円(税込)
ポイント: 18 Pt
四六版・ソフトカバー・278頁
ISBN978-4-86044-324-5

紙本のご購読は下の「カゴに入れる」からご購入いただけます。
数量:
 カゴに入れる
――――――――――――――――――――――――――――――――

同書は好評につき、下記ストアにて電子版を配信しております。
スマホ、PC、タブレットでも、ぜひお楽しみください。
配信体裁:リフロー型(検索や辞書機能などフルにご活用いただけます)
---------------------------------------------------------------------

主な内容

読む人の心に響く、原風景がここにある。古き良き風景と人情の中に育った、生粋の江戸っ子である著者の東京下町を舞台にした、人情味あふれる17音の物語。タイトルは小学生の時はじめて作った冬の夜豆電球も寂しそうより。
昭和の東京の風物詩や気丈な母親との思い出、蕎麦屋を営んでいた時代のこと、江戸っ子ならではのこだわりなどを平易な言葉で詠んだ句と文を13章に収録。
誰もが言葉に出来したくてもなかなか出来ないもどかしい想いを、17音に凝縮して代弁する。

ト音記号のように食べてるスパゲティ
海に陽が沈むとジュッと音を立て
名を知ってそこここで目に止まる花
首を傾げてビクターの犬を見る
吸収合併されるすりへった石鹸
ラジオ体操のピアノの物憂げな
名を知ってそこここで目に止まる花
スローモーションでどんぶり落ちてゆく
趣味ひとつわたしの隠し味にする
いい休みだった一日雪が降り

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2017 Shinyokan Net Store All rights reserved.