• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • NEW
  • 電書近日刊行
  • 電子書籍も配信
編著者:
齊藤大柳

ひびきⅡ

1,620 円(税込)
ポイント: 15 Pt
四六判ソフトカバー・216頁
ISBN978-4-86044-519-5

紙本のご購読は下の「カゴに入れる」からご購入いただけます。
数量:
 カゴに入れる
----------------------------------------------------------

同書の電子版は、下記の電子書籍ストアにて配信予定です。
販売価格は各ストアをご確認ください。

主な内容

第1句集「ひびき」刊行から10年。「人生の下り坂は山の端に沈む太陽のように転がり落ちて、体力も記憶力も劣化の一途をたどるばかり」の一文ではじまる「あとがき」には最愛の妻との死別が綴られ、一時は川柳から離れたほど埋めきれない著者の孤独が滲み出ている。
いつしか自分をさらけ出し、川柳に吐くことを再開した著者は、一日に一句を思いそれが山となった頃、川柳を通じての他者との響き合いを求め、人生の輝きを取り戻した。2008年の章」から「2015年の章」までの8年間の魂の軌跡。
 
幸せにすると確かに言ったはず
晩酌に目刺しと妻のある平和
訳もなく泣いてレモンの味を知り
一歩前照らした妻の常夜灯
さよならをしたのに妻はいつもいる
花の名が知りたくなって墓参り
人生を騙し続けた万華鏡
にんげんに差をつけたまま日が暮れる
真ん中に母さんがいて丸くなり
夕やけの色になりたいだけである

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2018 Shinyokan Net Store All rights reserved.