• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • NEW
編著者:
平柳高麗路

川柳句集 冴え返る

2,160 円(税込)
ポイント: 20 Pt
四六判ハードカバー・232頁
ISBN978-4-86044-543-0
数量:
 カゴに入れる

主な内容

北海道に生を受けた著者は、在学中に病により失明。卒業して結婚後、東京で鍼・灸・按・マッサージ治療院を営みながら、持ち前の豊かな感性で尺八、長唄、清元、小唄、端唄、都々逸をたしなみ、川柳作家としても幅広く活躍し、八十八歳の生涯を終えた。
本書は妻・きみ氏が口述筆記で大学ノートに記録した膨大な作品をベースに、長男・平柳和茂氏が丁寧に編んだ著者のベスト句集である。表紙の題字は和茂氏筆。序文は著者が所属していた六星川柳会会長の福田案山子氏。
巻頭にカラー版の「平柳高麗路アルバム」として在りし日の著者の素顔が並ぶ。第一章「嬉 楽しくあそんで」、第二章「笑 ご笑納あれこの一句」、第三章「展 高麗路のココロひろげてみれば」、第四章「訣 きっぱり詠みきる」の四章構成。心で川柳を詠む、著者の高潔な人間性が川柳に転写された、珠玉の一冊である。
 
哺乳瓶みるみる空にする生命
人形を戦禍の村でひろい上げ
蓮開く音聞く朝を露にぬれ
病んでいるらしいとわかる筆の跡
ハネムーン幸せとだけ走り書き
賽銭を届かぬ距離で投げた悔い
結び手が違うネクタイ帰宅する
人間に愛想が尽きて犬を飼い
俺の子だなどと安心しておれず
蕗の薹大地へ春を押し上げる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2018 Shinyokan Net Store All rights reserved.