• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • NEW
編著者:
川柳公論社

合同句集 桜ふぶき

1,296 円(税込)
ポイント: 24 Pt
文庫判ソフトカバー・178頁
ISBN978-4-86044-142-5
数量:
 カゴに入れる

主な内容

川柳公論社は1975年に尾藤三柳主宰で創立、機関誌「川柳公論」を通して文芸・文化としての川柳を発信、川柳のムーブメントとして大きな役割を果たす。尾藤三柳主宰の逝去に伴い、尾藤一泉主宰の「川柳さくらぎ」と統合し新しい川柳公論社として「川柳はいふう」を刊行している。新制公論になって初の合同句集。ひとり24句と1ページのエッセイ、17名の参加者で構成。
洗い髪 傍のヤモリがくしゃみする 石川えみ壷
日常を離れたはずの靴みがき 伊藤あつみ
ナースコール来ても待たせる意味がない 岩谷夕顔
いもかぼちゃ食み相応の花となり 高齋ゆみこ
豆を煮る音を聞きつつクイズとく 竹萬火華
柳会の先達亡くす闇の先 並木一章
沈黙は金 死語となる枇杷の花 橋本祐子
蝶去ってこれから歩む俺の道 浜寄みのる
しもやけの痛さ忘れる鬼ごっこ 牧内ヨシ江
玉手箱 開く間も無く早や六十路 本村小太郎

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2018 Shinyokan Net Store All rights reserved.