• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • NEW
  • 電子書籍
編著者:
村上善彦

筆の向くまま気の向くまま

1,296 円(税込)
ポイント: 12 Pt
文庫判ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-86044-857-8
申し訳ございません。只今品切れ中です。
---------------------------------------------------------------------

この書籍は電子書籍のみの販売となります。
スマホ、PC、タブレットで、お楽しみください。
配信体裁:リフロー型(検索や辞書機能などフルにご活用いただけます)
---------------------------------------------------------------------

主な内容

ほのぼのして、ほんわかして、クスッと笑えて、ちょっぴりワサビも効いた、芯から心が温まる人情川柳。「そうそう」「あるある」と読者が思わず膝をポンと打つような、日常どこにでも転がっている句材でありながら、卓越した観察眼と的確な表現力に、著者の人情味がプラスされたとびきり上質なユーモア川柳に仕上げられている。本書が著者の必需品である小さなノートとたった一本の鉛筆から生み出されていることを考えると、川柳の可能性は無限に広がっているという大きな期待をかけたくなる魅力を有している。
第1章「女房と私」、第2章「定年後」、第3章「スマイル」の3章構成。

ゴマをする相手は女房だけになり
父の日はブブゼラの音にかき消され
泥酔の一部始終を見てる猫
鬼の面必要ないと妻に言う
一日がこんなに長い定年後
おもてなし受ける理由がわからない
白よりもグレーが似合うお金持ち
上記した猫が出てくる掘ごたつ
鏡見て口角上げる誕生日
おさらいをしないどうしがへぼ将棋

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2018 Shinyokan Net Store All rights reserved.