• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • NEW
編著者:
中川 一

句集 蒼より遠く

2,160 円(税込)
ポイント: 20 Pt
数量:
 カゴに入れる
A5判ソフトカバー・200頁

ISBN978-4-86044-625-3

主な内容

硬骨沈着な知の巨人が挑む、未完の文学・川柳の深淵。
旧制中学で詩人伊東靜雄より国語教育を受け、高校時代に俳句を、大学時代に現代詩に触れ、現在俳人としても活動中。職場で文芸部を創立主導のかたわら川柳活動を開始、ふあうすと川柳社副主幹で現代川柳藍グループ代表・泉淳夫に師事し、同副主幹・編集部長を経て現在同人。「混沌の虹もまた 川柳と俳句の境界領域」など、江戸から現代まで通じる、織りなす思索から生まれる隙のない川柳評論には定評があり、本書には川柳作品のほか6編を掲載。

星座燃ゆ石仏石に還りつつ
いずれみな天へ傾く秋の階
荒れて春 地に生きものの灯の産まれ
押し殺す母の嗚咽の北壁ぞ
遠景に母うすうすと繋がれし
薄れずに虹銃眼の視野に立つ
血の苺つぶす童話が咲く夜だ
樹の精と身は濡れて立つ朝の斧
新しい零時 月光は掌にあふれ
菩薩とも風とも知れず掌より翔つ

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2017 Shinyokan Net Store All rights reserved.