• 新刊
  • 一般書
  • 文学研究
  • 実用書
  • 児童書
  • 短歌俳句詩
  • 川柳句集
  • 川柳書関連
  • DVD
  • グッズ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品カテゴリ新刊・話題の書一般書社会科学評伝・歴史随筆・エッセー文学・研究実用書児童書短歌俳句詩川柳句集川柳書関連川柳学川柳クラブ川柳マガジン予約定期購読DVD川柳グッズ電子書籍
送料無料クレジットカードSSL
  • 電子書籍も配信
編著者:
山本喜太郎

大倉山 発

972 円(税込)
ポイント: 9 Pt
四六判ソフトカバー・192頁
ISBN978-4-86044-593-5

紙本のご購読は下の「カゴに入れる」からご購入いただけます。
数量:
 カゴに入れる
---------------------------------------------------------------------

同書は好評につき、下記ストアにて電子版を配信しております。
スマホ、PC、タブレットでも、ぜひお楽しみください。
配信体裁:リフロー型(検索や辞書機能などフルにご活用いただけます)
---------------------------------------------------------------------

主な内容

鋭い感性、上質なユーモアで社会をよむ、人間をよむ。待望の第一句集!
 《抜け道も至るローマと書いてある》《躓いた数もかぞえて歩数計》《豆を抱く莢の形は母に似る》《七色を混ぜれば黒き虹の裏》
       ○
  肋骨を一本冷やす野菜室
  幅跳びで偏西風に乗ってみる
  断捨離のフリマに足りぬ紙袋
  胴切りのフランスパンの骨密度
  花追えば花の都はビルの地下
  ネクタイはこの世に残すお焚きあげ
 片方、ここに挙げた作品は、満たされたゆえに抱える現代の飢餓を、おりおりの暮らしの中で、捉えようとする。
 冷蔵庫の中で或る日を唐突に出逢う暮らしの擬態。偏西風に乗れぬ脆弱なアキレス腱。フリマで喪う平衡感覚。フランスパンの切り口が暗示する私の骨密度。たどれば地下に都心ごと沈む花まみれのビル。ひと臭いネクタイだけ燃え残るお焚きあげ。この強烈な穿ちは、技法を超えて喜太郎にしか描けないものに映る。
(瀬々倉卓冶・序文より)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

Copyright © 2005-2017 Shinyokan Net Store All rights reserved.